透析液

注射

内科で行われている透析には2つの方法があります。一般的に利用されているものは血液透析ですがもう1つの方法としては透析液の利用です。
前回の記事でも述べたように透析液の利用には腹部にカテーテルを埋め込む手術が必要になります。こうすることにより、透析液の出し入れを可能にしているのです。
ではこれはどういったものなのか説明していきます。

●種類
透析液を利用する場合、適切に利用する必要があります。例えば血中内にあるカルシウム濃度が低かったり高かったりする場合その濃度に合わせた透析液を利用する必要性がでてきます。

●装置
透析液の場合、元々濃度の濃いものを薄めて利用することで利用できるようになります。利用する際には血液の循環がちゃんとできているかといった確認するものが必要になります。その専門の機械として上げることができるものとして「水処理装置」や「透析液供給装置」などがあります。
この二つの装置について説明していきます。

・水処理装置
濃度を薄める為に水道水などが利用されています。水道水には多くの不純物が混ざっており、ろ過する必要性があります。
この不純物のろ過を行う装置が水処理装置と呼ばれるものです。

・透析液供給装置
複数の透析液を作ることができる装置です。この装置を利用することで複数人に同時に液を利用することができるようになります。
また、個人によっては特定の成分の分量を合わせる必要性があるため、個人用供給装置としても利用されます。

過去

白衣の男性

腎不全は30年前までは発病してから対処することができませんでした。しかし現在では血液透析が発明され、時間こそかかれども、多くの人が助かるようになっています。
内科で行われている人工透析は腎臓の働きが全く行われなくなったとしても対応することができます。
しかし、人工透析が行われるには一定ラインがあります。
それは腎臓の働きが10%未満になった場合です。この10%未満になった場合は身体の尿毒素をろ過しても身体に蓄積させてしまうからです
つまり、腎臓が弱っているからといって直ぐにダイアライザーなどを利用する必要はありません。

●制限
腎不全などで透析を始める場合、食事などに制限を設ける場合があります。これは暴飲暴食などといった基本的なことですので、通常の量しか食べない場合はあまり機にする必要はありません。
しかし、高齢者の場合食欲不振やもともとあまり口にしない傾向にあります。その為、いつもより若干多く摂るようにするといいようです。

透析

白衣

腎不全などの症状は深刻です。
腎不全をそのまま放置していた場合、身体に毒素が蓄積し、身体に悪影響を及ぼすことがわかります。
これを防ぐには一体どうすればいいのか。それは透析です。
これを行うことで弱って機能しなくなった腎臓の役割を補うことができるようになります。

●透析
透析とは。
腎臓は身体の排水処理場と言われるほど重要な役割をもっています。
普段私達の身体には多くの老廃物があります。腎臓ではこれらの老廃物をろ過し血液をキレイにする役割があるのです。
しかし、腎臓の機能が著しくなった場合、身体には様々な影響がでてきます。ろ過できなかった老廃物が身体に深刻なダメージを与えるのです。
それを防止するための処置です。
透析は腎臓と同じ役割を果たすことのできるものを利用して血液を浄化させる医療です。これには二つの種類があり、どちらも腎臓内科で行うことができます。

●方法
二つの方法を説明していきます。

1.血液透析
1つ目は一般的に行われている方法です。ダイアライザーと呼ばれるものを利用して行うろ過方法です。
ダイアライザーを身体に取り付け、体内からその血液を取り出すことから初めます。血液を取り出したらダイアライザーで老廃物や多すぎる場合は水分を取り除くことで浄化します。この浄化した血液を体内に戻して終了します。一回の時間は大変長く、4、5時間かかるそうです。
週にこれを2,3回必要とします。

2.腹膜透析
これは血液透析と異なり、ダイアライザーを利用しない方法です。現在では透析液と呼ばれるものが開発されています。
しかし、カテーテルと呼ばれる液を出し入れするためのチューブを必要としますので、手術などが必要になります。

Powered by http://worklifemontgomery.org/ | Designed by: best suv | Thanks to trucks, infiniti suv and toyota suv